enjoy!車椅子生活

HOME < 車椅子を知ろう < 車椅子を入手するには?

車椅子を入手するには?

初めて車椅子が必要になったとき、どこで・どうやって入手できるのか戸惑う人もいるでしょう。介護用品を販売しているお店で買うこともできますし、レンタルしてくれるところもあります。また、車椅子をオーダーメイドしている人もいます。

市販の車椅子を買う

多くの人はもし車椅子が必要になったら、まず病院や施設などに相談するでしょうね。そうすると色々と購入先のアドバイスをしてくれます。冒頭でも述べたように全国には数多くの介護用品店があって、そこで車椅子を買うことができます。そのほか、今はデパートなどの中に車椅子専門店が入っているのを見かけることもあります。

既製の車椅子も昔を違ってシートの柄や色なんかも豊富になってきています♪買う際にはちゃんと試乗してみて乗り心地や使いやすさなどを確かめてくださいね!もちろん、インターネットでも買うことはできますが、やっぱり実際に実物を見て買うのがいいですよ。すこしでも自分に合うものを購入しましょう。車椅子の値段にはかなりの幅があり、一概には言えません。そのメーカーによっても違いますが、手動の普通型だと5万円くらいから買うことができますね。けれど、たくさんの機能がついていて高性能であればあるほど、値段も高くなります。

▲ このページの上に戻る

車椅子をレンタルする

【市販の車椅子を買う】の項目で挙げた介護用品店のなかには、車椅子をレンタルしてくれるところもたくさんあります。レンタルの料金設定などは、お店によって異なります。また、お店によっては介護保険の適用者に限ってレンタル可能というところもあります。車椅子が必要と認定された障がい者は1割負担になる以外は、レンタル料金は購入者の全額負担となります。

障がいを持っていなかったり、介護保険の適用者に認定されなかった人でも、車椅子がほしいと思っている人は大勢います。ですが、買うよりは安いとしてもレンタル料だってかなりの金額です。それが電動車椅子ともなると、その普通の車椅子の倍の料金がかかってしまいます…。

介護保険制度が改正されてから、要介護認定の結果次第では、車椅子をレンタルするときなどの補助金が下りない場合も出てきました。そんなときは病院や介護施設、レンタル店などに相談してみてください。色々アドバイスしてくれるでしょう。

▲ このページの上に戻る

車椅子をオーダーメイドする

身体に何らかのハンディキャップがあって車椅子を必要とする人たちの多くはオーダーメイドしています。けがなどで一時的に歩けなくなっている人や高齢で歩けなくなった人と違い、障がい者は軽度から重度まで身体の様々な部分に不自由な面を抱えています。

私のように長い間ずっと車椅子生活を送る人も少なくないため、レンタル用品は不向きですし、市販の車椅子でも長時間座っていても疲れない身体にフィットしたものは実際のところ、なかなかありません。オーダーメイドにすると座面の幅や奥行き、高さなど車椅子のいろんな部分を自分の身体に合わせて造ることができます。

車椅子の製造・販売を行っているメーカーは全国に多数あります。有名なところでは日進医療機器・OXエンジニアリング・松永製作所・NICKなどがあるので、車椅子を造ろうと考えている人は問い合わせてみるのもいいかもしれません。オーダーメイドの車椅子の値段も幅があります。標準装備のタイプだと、そんなにしないと思いますが、それでも車椅子のシリーズなどによってもことなりますね。せっかくオーダーメイドするなら使いやすくてオシャレなものにしたいですよね!要望をできるだけ聞き入れてもらって、オプションをつけていくと結構高額になります。たとえばフレームカラーにラメが入っているものと、いないものでは金額にも差が出るんですよ。長く使うものなので、高性能で気に入ったものを…というのが利用者の思いでしょう。

▲ このページの上に戻る